就活

自己分析のやり方を徹底解説【就職活動】

投稿日:2019-12-03 更新日:

就職活動が本格的に始まる時期になってきましたね。
大変ですが、自分にあった会社に就職できるように頑張りましょう。

『自己分析のやり方がわからない…』なんていまさら人に聞けないですよね。
この記事では今からやるべき自己分析について書いていこうと思います。

・自己分析とは
・なぜ就職活動で自己分析が必要なのか
・自己分析は何度も行いましょう
・自己分析をする方法

・自己分析とは

今までの人生を振り返り、

『自分が大事にしているもの』
『自分が興味を持っているもの』
『自分には何が向いているか』

以上のようなことを考えることです。

自分の今の状況を客観的にとらえることによって、自分の特徴や考え方を理解することができます。

なぜ理解しなければいけないのかというと、面接や面談で自分の意見をしっかりと伝えられるようにならなければいけないからです。

人生の一つの区切りとして、今までの人生を振り返ってみましょう。

・なぜ就職活動で自己分析が必要なのか

簡単な話ですが、就活中のどこでも使うからです。

『履歴書、面接、エントリーシート、企業研究』

どこでも使うイメージがつかめたでしょうか?(笑)

・自己分析は何度も行いましょう

一度行っただけでは完璧な分析ができているとは言えません。
自分の視野が広がれば広がるほど自分の中の考え方も変わりますよね。

趣味や趣向が変わっていくように、生きているだけでも考え方は変わっていくので、月に1回くらいは自己分析をしてみるといいと思います。

・自己分析をする方法

いくつかやるべきことがあるので一つずつ紹介していこうと思います。

・過去の自分を振り返る
・現在の価値観や職業観を考える
・自分の長所、短所を考える
・将来の夢や理想像を考える

・過去の自分を振り返る

小学生や中学生のころから掘り出していきます。

夢中になっていたことや、得意不得意なことなど何でもいいので紙に書き出してみましょう。

『これが一体何になるんだ…』と僕自身も思いましたがやってみると『こんなことに夢中になっていたんだなぁ…』と感傷に浸るとともに、現在に共通している点もわかってくるので、とりあえずやってみることをオススメします。

書き出しておくといいものを紹介してきます。

・何をしていたか具体的なエピソード
例…部活動,委員会,勉強,習い事,バイト,趣味
・なぜそのような行動をしたのか
・どのようにして取り組んだのか
・結果はどうなったのか
・学んだものや得たものは何か
・そこで得た結果を今後の人生でどう生かすのか

 

小学生編〜大学生編まで書いてみてください。
重要なのは高校生と大学生だと思うので、最低でも2つは書き出してみましょう。

・現在の価値観や職業観を考える

『これだけは譲れない!』といったようなこだわりなどを書き出してみてください。

企業側からしたら、『どれくらい仕事ができるのか』よりも『どんな人なのか』を重視していることも多いです。

自分の価値観と合う会社とマッチするためにも、面接などで自分の価値観を伝えられるようになりましょう。

・自分の長所、短所を考える

『今の自分ができること』というのは、きちんと伝えられなければ意味がありません。
『やりたいこと』も重要ではありますが、それ以上に『できること』を伝えなくてはなりません。
自分で長所を見つけるのは難しい…と思う方もいると思います。
そんな時は、少し恥ずかしいと思いますが友人や家族に聞いてみましょう。

短所に関しても同じで、不得意なことを知ることによって業界を狭めることができます。

・将来の夢や理想像を考える

結局のところ、これが一番重要かもしれません。
5年後10年後の自分を想像してみてください。

その時の理想の自分はどんな感じでしたか?
もし具体的な夢がある方は、それに近づくために逆算して混同していけばいいと思います。

『5年後には社長になる!』と決めているのであれば、ベンチャー企業に入って1から会社を作り上げていく経験をする。

などですね。

そこまで具体的に決まっていない方は、『こんな自分ならかっこいいな』と思えるようなイメージでもいいと思います。

人生一度きりですから、自分の好きなように生きられるように一生懸命考えてみましょう。

・まとめ

自己分析が必要な理由はわかっていただけましたか?
面接や履歴書など様々な場所で必要になってくるので、一度考えてみるといいと思います。

次↓

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

記事ドカタ

【経歴:2020/08/01】
・WEBライター1年以上
・ブログ1年半
YouTubeや動画編集も勉強してましたが、ここまできたら文章一本で勝負しようと思いはじめています。

-就活
-, ,

Copyright© 記事ドカタの副業チャレンジ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.