SEO対策

ブログで質の高い記事の基準とは?【抑えておくべき5つの要素】

投稿日:2020-06-07 更新日:

『質の高いブログ記事ってどんな感じなのでしょうか?』

ブログを始めたばかりの方や、ブログ記事を書いていても一向に上位表示できない方はこのような悩みを持っていることがあります。

質の高い記事というのを簡単に説明すると、読者に親切な記事のことです。

ただ、これだけが質の高い記事の条件ではありません。

この記事では、質の高い記事を作るための条件について解説します!

Googleに評価されるためには、良質な記事を書かなければいけませんね。

なので、ブログをやっている方は、ぜひ参考にしてくださいね!

ブログで質の高い記事の基準5選

では早速、質の高い記事の基準について解説します。

  1. 上位表示されている記事+αの記事を作る
  2. 読者の悩みを明確に解決している
  3. 専門的な言葉を出していない
  4. ブログ全体が見やすくなっている
  5. 権威性を出す

これらが、質の高い記事を作るために必要なことです。

これだけではわかりにくい点もあるので、一つずつ解説しますね!

1.上位表示されている記事+αの記事を作る

これを読んでいるあなたは、ブログの記事を書くときにどのように書いているでしょうか?

ぼくは、設定したキーワードで検索して、上位表示されている記事を参考にしつつ記事を書いています。

これはWEBライターの仕事をしている時でもおなじなので、やったことがないという方はぜひ一度試してみてください。

それは置いておいて、検索上位に表示されている記事というのは、Googleから評価されているから上位表示されているので、めちゃくちゃ参考になるのです。

ただ、全く同じ記事を書いても意味がないので、ある程度参考にしつつ、上位表示されている記事に足りていない部分を自分で補えばOKです。

丸パクリでは評価どころかペナルティをもらってしまうので、必ずオリジナリティを出しつつ+αを入れておきましょう!

2.読者の悩みを明確に解決している

ぼくもそうですが、ネットで何かを検索するときは悩みや疑問を解決したいと考えていますよね。

なので、読者の悩みを明確に解決できていないと良質な記事とは言い難いです。

仮に、上位表示できたとしても読者の悩みを解決できそうにないと判断されてしまったら、すぐに記事を離れてしまいます。

検索上位に表示させるためにも、記事をしっかりと読んでもらうためにも、読者の悩みを一目散に解決できるようにしなければなりません。

余談ですが、読者の悩みは最初の見出しで解決してあげると、親切です。

『そんなことをしたらそのあと読んでもらえないのでは?』と思う方もいるかもしれませんが、悩みに+αで知っておいたほうが良いことを書いておけばそこまで離脱率は高くなりません。

ぜひ試してみてください!

3.専門的な言葉を出していない

自分が知っているからと言って、読者が同じだけの知識を持っているとは限りません。

一番良いのは、小学生でもわかる文章で書くことです。

ただ、ブログをやっていれば専門的な言葉を出さなければいけないという時が来てしまいます。

その時には、しっかりとその言葉も説明してあげましょう。

また、極力難しい感じは使わないほうが良いです。←文章も×です。

というのも、極力というのは『できるだけ』にすることができるからです。

ただ、文章がひらがなばかりになってしまっても読みにくくなってしまうので、記事を書き終えた後に読み返してみることをおすすめします!

4.ブログ全体が見やすくなっている

ブログ記事だけでなく、ブログ全体が見やすいかどうかも重要です。

というのも、めちゃくちゃカラフルなサイトだと目がチカチカしてしまって、文字を読むどころではなくなってしまうからです。

ユーザーファーストで考えなければならないので、読者に読みやすい環境を作ってあげることも大事ですよ!

また、これも匙加減が重要で、全く色がないとそれはそれで読みにくくなってしまうので、第三者に読みやすいか聞いてみましょう。

5.権威性を出す

Googleは、書き手にも注目しており、その人の言葉には信ぴょう性があるかどうか確認されています。

権威性とは自分よりも地位や権力が高い人、また専門知識を有している人の発言や行動を無意識のうちに従ってしまう人間の性質のことです。参照:権威性とは

例えば、ぼくが宇宙飛行士でもないのに、宇宙での生活について解説しまくったとしても、権威性がないので、上位表示は難しいということです。

自分が体験して、人に教えられるようなことを書きましょうということですね!

量と質はどっちが大事?

ブログを始めようと考えている方や、ブログを始めたての方だと『100記事書くことを目標としましょう』と言っている方を見かけたことはありませんか?

ぶっちゃけ、どのブロガーさんも100記事を目標にしているような気がします。(僕もそうです)

100記事書けと言っても、どんな記事を書いていいわけではないのです。

つまり、この記事で紹介しているような『質の高い記事を100記事生産しろ!』というのが本当の意味なわけです。

なので、どちらかといえば、質>量だと考えてください。

最初から質の高い記事を目指す必要はありません

質を重視して書けというのが結論となっていますが、最初から最高品質の記事を書けと言っているわけではありません。

最初は質の高い記事を書けなくて当然ですので、とりあえず記事を書いてみることが大事です。

幸いなことに、ブログ記事はリライトすることができるので、最初から完璧を目指さなくて大丈夫です。

記事をたくさん書いていけば、どのような記事が質の高いものかわかるようになってくるので、とりあえず上位表示されている記事を真似して書いてみましょう。

まとめ

質の高い記事について理解していただけたでしょうか。

質の高い記事を書くことは、ブログの収益を上げるためにもとても重要なことです。

テキトーに記事を書いている自覚がある方や、将来的にブログで稼いでみたいと思っている方はぜひ参考にしてくださいね!

ブログを一から学べる勉強方法はこれ!【本とブログとYouTube】

ブログを始めようと思ったときに、『どのようにブログを育てていけばいいんだ??』という疑問を浮かべる方がほとんどですよね。 初めから記事を書きまれば何とかなると思っている方もいるかもしれませんが、めちゃ ...

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

記事ドカタ

【経歴:2020/08/01】
・WEBライター1年以上
・ブログ1年半
YouTubeや動画編集も勉強してましたが、ここまできたら文章一本で勝負しようと思いはじめています。

-SEO対策
-,

Copyright© 記事ドカタの副業チャレンジ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.