ブログ

【手順解説】ブログ記事の書き方講座【現役ライターが解説】

投稿日:

『ブログを始めたけど、今まで文章をまともに書いてきたことがないからどうしていいのかわからない…。』

ブログ初心者の方によくある悩みですね。

ぼく自身も、ブログを始めたての頃には『記事を公開できない』と思うくらい残念な記事を書いていました(笑)

そんな僕が、今では人に見せられる文章を書くことができるようになったので、文章の書き方について紹介します!

記事の書き方のコツを知りたいという方はぜひ参考にしてください。

ブログ記事を書く上で理解しておきたいこと

ブログ記事を書く上で絶対に理解していないといけないことがあるので、まずはそれらを紹介します。

  • 誰に向けた記事を書くのか
  • テーマはしっかりと決まっているか

この2点について、記事を書く前に理解できていないと、記事を書いている時にブレが生じてしまうので、まずはこれらをしっかりと決めましょう。

誰に向けた記事を書くのか

記事を書くということは、読者を必ず想定しなければいけません。

この記事を例に出すのであれば、『ブログの記事をうまく書けない人』をターゲットとして書いています。

このターゲットがしっかりと決まっていないと、どんな内容を書けば満足してもらえるのか、わからなくなってしまいます。

記事を書く前に、ターゲットを書きだしておいて、記事を書いている間に忘れないようにしましょう!

テーマはしっかりと決まっているか

運営しているブログのテーマもそうですが、その記事のテーマは決められているでしょうか?

厳密にいえば、記事の場合はキーワードですかね。

またこの記事を例に出しますが、この記事のキーワードは『ブログ 記事 書き方』です。

このように、キーワードを設定すると悩みがより明確化されます。

加えて、キーワードを決めておけば、検索して検索上位にいるサイトの文章を確認することができます。

上位表示されている記事には、上位表示されている理由が必ずあるので、盗めるところは盗んだほうが良いです。(丸パクリはダメですよ)

『ブログ記事を書く前に、こんなことをしなければいけないのか…めんどくさ。』と思う方もいるかもしれませんが、副業目的でブログをやっていないのであれば、好きなことを書けばOKです。

ここで紹介していることは、副業ブログを伸ばしていきたい人向けです。

ブログ記事の書き方で悩んでいる方は、十中八九副業ブロガーですけどね(笑)

とりあえず、読者についてしっかりと想像できるようにすることが第一に必要なことということを覚えておきましょう!

ブログ記事を書く際の手順を紹介

ここからは、ブログ記事を書く際の手順を紹介します。

  • キーワード選定
  • 検索上位記事をすべて確認
  • 見出しをチェックし、使えそうなものを抜き出す
  • 構成を完成させる
  • 記事を上から書き始める

ぼくがブログを書く際には、ずっとこの手順を踏んでいます。

大体1.5時間くらいですね。

一つずつ解説します!

キーワード選定

ブログ記事を書く上で、キーワード選定は必須です。

キーワード選定とは、記事のテーマを決めることですね。

先ほども紹介して通り、この記事のキーワードは『ブログ 記事 書き方』です。

キーワード選定について詳しく書いてしまうと、この記事の本題から外れてしまうので以下の記事を参考にしてください。

ブログの書くネタがないときの対処方法【キーワードは無限】

『ブログを書きたいけど、すぐにネタがなくなって書けなくなってしまう…。』 『毎日投稿するほどのネタをどうやって見つけているのですか?』 ブログをやっていると、このような悩みを抱えてしまう方が多くいます ...

検索上位記事をすべて確認

キーワード選定が済んだら、決めたキーワードで検索してみましょう。

そこで出てきた上位10記事を確認してみてください。

確認する意味としては、

  • 選定したキーワードで上位表示するための条件を知る
  • どのような内容を書けばいいのか知る

これらの目的があります。

検索上位に表示させることが、副業ブロガーの第一目標なので、必ず上位表示させるためのコツを得なければいけません。

そのためには、既に上位表示されている記事を確認することが最優先ですね。

具体的に確認するポイントは、

  • 文字数
  • 見出し

です。

記事の内容を確認しすぎると、パクリ記事になってしまうので注意が必要です。

見出しをチェックし、使えそうなものを抜き出す

見出しをチェックしたら、使えそうな見出しを自分の記事でも導入しましょう。

ただし、同じ文章で使ってしまうとパクリになってしまうので、自分の中でアレンジは必須です。

また、上位表示されている記事と同じことだけを書いても、ドメインパワーによって勝つことができないので、+αのオリジナル要素を付け加える必要があります。

最初は難しいかもしれませんが、何度も挑戦しているうちにわかるようになってくるので、読者目線で考えてみましょう。

構成を完成させる

見出しや文字数など、確認が終わったら、記事の構成に入ります。

上位記事を見て、抜き出した見出しを、読者にとって必要な情報の順番に並び替えていきます。

ここまで終われば9割終わったようなものです。

記事を上から書き始める

あとは記事を書くだけですね。

構成が出来上がっていれば、ただ文章を書いていくだけです。

ただ、文章の書き方がわからない!という方がこの記事を見ているのだと思うので、これでは不親切すぎますね(笑)

なので、次は本文の書き方について解説します。

本文の書き方講座

本題が遅くなり申し訳ありません。

ここからは、本文の書き方について解説します!

  • 導入部分
  • 記事の内容部分
  • まとめ部分

ブログ記事の本文には上記の3つの役割があります。

これら1つずつ、どのようにして書いていけばいいのか、紹介しますね。

導入部分

まずは導入部分です。

ぶっちゃけ、導入部分が一番重要なので、手を抜いてはいけません。

記事を開いて、最初の部分で『あれ、思ってたのと違う…。』と思われてしまえばその時点で記事を閉じてしまう可能性も大いにあります。

では、どうしたら『あれ、思ってたのと違う…。』と思われたい文章を書けるのか、ですよね。

一番手っ取り早いのは、読者の悩みを最初に紹介することです。

この記事では、『ブログを始めたけど、今まで文章をまともに書いてきたことがないからどうしていいのかわからない…。』と書いています。

この悩みを見て、同じ悩みだと感じてもらえたら勝ちです!(笑)

共感してもらう文章を書ければOKですね。

そしてそのあと、この記事ではこの悩みを解決できるようにしています。と紹介すれば、読者は離れないでいてくれます。

ぜひ意識して書いてみてくださいね!

記事の内容部分

本文に関しては、そのキーワードで書いている内容をしっかりと説明するほかありません。

ただ、一つだけアドバイスするとしたら、PREP法を意識することですね。

PREP法というのは、プレゼンテーションなどで見られる手法で、

  • Point(結論)
  • Reason(理由)
  • Example(例)
  • Point(結論)

の頭文字を取っています。

この順番で文章を構成することで、読者に伝わりやすい文章を書くことができます。

文章そのものの書き方がわからないという方は、ぜひ試してみてください。

まとめ部分

まとめ部分は、記事全体のまとめをしてあげればOKです。

例えば、記事の中で重要な部分をリスト化しておさらいするとかですね。

リスト化されていると見やすいのでおすすめです。

ブログ記事は内容と同じくらいタイトルが重要

ここまで、記事の内容について解説してきましたが、記事以上にタイトルも重要だということを覚えておきましょう。

というのも、タイトルというのは検索上位に表示できたとして、最初に目に入る部分だからです。

タイトルをテキトーに付けてしまうと、クリック率も下がってしまうので、タイトルも手を抜かずに作りましょう。

タイトルの付け方のコツとしては、

  • キーワードを必ず入れる
  • 副題で興味を持たせる

これらがおすすめです。

最初から良いタイトルを付けられる人は少ないので、上位記事の研究をしたりして研究していきましょう!

まとめ

ブログ記事の書き方について理解していただけたでしょうか。

正直最初から完璧に書ける人はいないので、だんだんと慣れていけばOKです。

  • キーワード選定
  • 検索上位記事をすべて確認
  • 見出しをチェックし、使えそうなものを抜き出す
  • 構成を完成させる
  • 記事を上から書き始める

まずは、この手順を必ず踏んで、書き方を定着させましょう!

ブログを運営するためにおすすめの本4選【これだけ読めばOK】

『ブログを始めたのですが、運営していくうえで勉強になる本を教えてください。』 『これだけ持っていればOKというくらい高品質の本を教えておください。』 ブログを始めた方は、できるだけお金を掛けずにブログ ...

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

記事ドカタ

【経歴:2020/08/01】
・WEBライター1年以上
・ブログ1年半
YouTubeや動画編集も勉強してましたが、ここまできたら文章一本で勝負しようと思いはじめています。

-ブログ
-,

Copyright© 記事ドカタの副業チャレンジ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.