ブログ

ブログ記事に最適な文字数とは?【上位表示と関係はある?】

投稿日:

『ブログの記事に文字数の制限はあるのですか?』
『記事を書いても書いても上位表示されナインだけど、何文字書けば上位表示されるのかな?』

初心者ブロガーの方だとこのような悩みを持っていることがあります。

ぼく自身も、ブログを始めたころに『1記事2000文字は最低でも書け!』と言われていたので、2000文字は書くようにしていました。

ただ、100記事ほど書いてきた今だからこそ、文字数について少しずつ理解することができています。

なので、今回の記事では、ブログにおける最適な文字数について解説します!

その後は、ブログの文字数以外にも大事なことを紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

ブログを一から学べる勉強方法はこれ!【本とブログとYouTube】

ブログを始めようと思ったときに、『どのようにブログを育てていけばいいんだ??』という疑問を浮かべる方がほとんどですよね。 初めから記事を書きまれば何とかなると思っている方もいるかもしれませんが、めちゃ ...

文字数と上位表示の関係はある?

大前提として、検索結果に表示されている順番に、明確な理由というのは判明していません。

というのも、Googleが順位を決めているのですが、順位を決めるための明確な基準は公開されていないからです。

しかし、上位表示されている記事には、上位表示されるだけの理由があることは間違いありません。

だから、マネできる部分は真似する必要があります。

例えば、

  • 文字数
  • 見出し
  • 内容

これらはマネできますね。

文字数と上位表示に明確なつながりがあるとは断言できませんが、検索上位に表示されている記事と同じくらいの量の文字数を書いておけば問題ありません。

上位表示されている記事の文字数を簡単に調べる方法としては、Google chromeの拡張機能を使うことですね。

ぼくが普段利用しているのはこちらの『かんたん文字数カウント』です。

Chromeを利用している方はぜひ利用してみてください!

ブログの文字数はどのくらいがいい?

先ほども言った通り、ブログの文字数に明確な決まりはありません。

なので、上位表示されている記事の文字数を真似ておけば『文字数の部分では検索上位1位になる可能性を得られる』というわけです。

ただし、1位の記事よりも2位の記事の文字数の方が多かったり、10000文字書いても100位以下になったりすることも当たり前のようにあります。

なので、文字数が全てではないということを肝に銘じておきましょう。

また、検索上位表示されている記事と同じ文章量を書けないという方は、最低でも1000文字は書いたほうが良いです。

というのも、文字数が少ないと『ユーザーの悩みを解決できていない』と判断されやすいからですね。

Googleの順位というのは、ユーザーにとって有益な情報であるかどうかが重要視されているので、文字数が少ないと有益でないと判断されかねません。

最低でも1000文字書くことを意識しましょう。

文字数を意識しながら記事を書く方法

文字数を意識して記事を書くための手順を解説します。

ぼくがブログ記事書くときには以下の手順で文字数を決めています。

  1. キーワード選定をする
  2. 選定したキーワードで検索
  3. 上位10記事を全部開く
  4. 1位の記事の文字数を調べる
  5. 10位までの見出しを確認して、書きたい部分を抜き出す
  6. それぞれの見出しにどのくらい文字を入れるか決める

このような感じで1記事の文字数を設定しています。

このやり方は、Webライターのお仕事でもやっているので、ほぼ間違いない方法です。

一つずつ簡単に解説しますね。

キーワード選定をする

まずは、書きたい記事のキーワードを決めないと始まりません。

この記事を例に出せば『ブログ 文字数』をキーワードとしています。

キーワードに関しては、自分のサイトのテーマに沿って行えばOKです!

ブログの書くネタがないときの対処方法【キーワードは無限】

『ブログを書きたいけど、すぐにネタがなくなって書けなくなってしまう…。』 『毎日投稿するほどのネタをどうやって見つけているのですか?』 ブログをやっていると、このような悩みを抱えてしまう方が多くいます ...

選定したキーワードで検索

キーワードを決めたら、Googleで検索してみましょう。

競合分析という感じですね。

因みに、Chromeのシークレットモードで開くと純粋な順位が表示されるので、シークレットモードを利用することをおすすめします。

普通のGoogleを使ってしまうと、自分の閲覧履歴などから検索順位が変わってしまうことがあるので、参考にならなくなってしまう可能性があります。

上位10記事を全部開く

検索出来たら、上から10記事全部タブで開きましょう。

この時に【Ctrl+クリック】をすれば簡単に新しいタブで開くことができるので、ぜひ利用してください。

1位の記事の文字数を調べる

文字数は1位の記事だけ見ていればOKです。

理由としては、1位の記事だからです(笑)

ほかの記事の文字数を確認しても1位になる方法が見つかるわけではないので、文字数だけで言えば1位だけ真似していればOK!

10位までの見出しを確認して、書きたい部分を抜き出す

1位から順番に見出しを確認していきましょう。

特に1位の記事の見出しを要チェックですよ!

見出しを参考にしつつ、オリジナリティのある見出しもいれなければいけないので、そういう点でも競合分析は重要ですね。

それぞれの見出しにどのくらい文字を入れるか決める

これまでで、記事の見出しが完成しました。

そうしたら、それぞれの見出しにどれくらいの文字数を入れるのか、自分で決めていきましょう。

慣れてくれば書きながら設定できるのですが、最初のころは文字数を決めておくとやりやすいです。

全部足して、検索上位1位の記事と同じレベルの文字数になるようにしましょうね!

文字数以外に大事なことはある?

ブログの記事を書くときに意識しなければいけないことは、文字数だけではありません。

結局のところ、ブログ記事というのはユーザーが読むものなので、ユーザーにとって有益であり、親切でなければいけません。

文字数もそうですが、ユーザーにとって読みやすい文章を書く必要があります。

ぼくも、この記事を読んでいるあなたもそうですが、インターネットで何か検索するときには『悩み』を解決したいと考えていることがほとんどです。

例えば、

  • おいしいラーメン屋さんないかなぁ
  • ブログの記事ってどのくらいの文字数が最適なんだろう

このような悩みを解決するためにインターネット検索をしますよね。

このように検索した結果、必要としていない内容の多い記事にたどり着いてしまったら困ってしまいます。

なので、ブログ記事を書く上でまず考えなければいけないこととしては、『ユーザーの悩みをいち早く解決してあげること』です。

文字数も重要な部分ではありますが、ダラダラと必要のない内容を書いていては評価が低くなってしまうので注意してください。

ただ、結論だけ書いていては500文字もいかない可能性がありますよね(笑)

そうなってしまうと、今度は内容が薄い記事として評価されなくなってしまうので、結論を書いた後に付けたしで必要な情報を書いてあげるとよりよい記事になります。

この記事を参考にしてもらえれば、わかるかと思いますが、最初に文字数と検索順位について解説しています。

その後最適な文字数について解説しているので、悩みはすぐに解決できていると思っています。(解決できていなかったらごめんなさい…。)

文字数については解説しましたが、検索順位を決めている要素は文字数だけではないので、付け足して解説をしているというわけです。

これなら、文字数だけ知りたい人はそこだけ見ればいいですし、その後も知りたいという方だけが読めばOKという形になっています。

離脱率のことよりも、ユーザーにとって有益になる文章を意識しましょう。

まとめ

ブログの記事と文字数の関係について、理解していただけたでしょうか。

ちなみに、この記事は【ブログ 文字数】と検索して1位にいた記事の文字数を参考にしています。(3000文字)

文字数だけが検索上位に入るための方法ではありませんが、重要な要素の一部ではあります。

ぜひ、文字数を意識して記事を書いてみてくださいね!

ブログを運営するためにおすすめの本4選【これだけ読めばOK】

『ブログを始めたのですが、運営していくうえで勉強になる本を教えてください。』 『これだけ持っていればOKというくらい高品質の本を教えておください。』 ブログを始めた方は、できるだけお金を掛けずにブログ ...

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

記事ドカタ

【経歴:2020/08/01】
・WEBライター1年以上
・ブログ1年半
YouTubeや動画編集も勉強してましたが、ここまできたら文章一本で勝負しようと思いはじめています。

-ブログ
-,

Copyright© 記事ドカタの副業チャレンジ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.