ゲーム実況

【YouTube】ゲーム実況のやり方・始め方を徹底解説!

投稿日:2020-03-12 更新日:

『ゲーム実況を始めたいけど、どのようにして始めればいいのか全く分からない…。』
『ゲーム実況に必要なものってなに?いくらくらいかかるの?』
『ゲーム実況って儲かるのかな?』

ゲーム実況を始めようと思っている方はこのような悩みを持っていると思います。

このような悩みを解決できるように、この記事を書いていきます。

この記事を見終えれば、ゲーム実況のやり方を理解することができるので、読んだ時間を無駄にしないためにも、読み終えたらすぐに行動しましょうね(笑)

これからはゲーム実況が熱い!!!

ゲーム業界というのは、いま大きな注目を浴びています。

その理由というのが、『5G』の登場です。

現在の通信システムは『4G』ですが、これから4Gの役100倍の速度の『5G』が一般化されます。

これによって、動画というコンテンツが今以上に注目を浴びて伸びていくことが予想されています!

5Gの波に乗り遅れないように、ゲーム実況を始めましょう!

ゲーム実況の一連の流れ

最初にゲーム実況のざっくりとした流れを解説しておきます!

  • 好きなゲームを録画する
  • 録画したゲームを編集する
  • 編集した動画を投稿する

このような流れになっています!

とりあえずはこの流れを覚えておいてください。

誰でもわかる流れなので、説明するまでもないかもしれませんが、一応再確認です!

コンシューマーゲームの実況に必要なもの

『ゲーム実況を始めたい』と思っても、すぐに始めることはできません。

YouTuberとして生きていきたいのであれば、初期投資が必要になります。

ここでは簡単に説明していきます。

詳しくはこちらの記事でまとめているのでご覧ください。

【2020年最新版】ゲーム実況に必要な7つの機材を徹底解説

PC

PCゲームをやらないにしてもPCは必要になるので、必ず用意してください!

動画編集や動画投稿をするときに必要になります。

また、生配信をしたいときにもPCがないとできないので注意してください。

基本的にはノートパソコン・デスクトップパソコンのどちらでもOKです。

ただし、『Core i5』以上の性能がないと厳しいです。

おすすめのパソコンはこちら↓

モニター

『テレビに繋いでゲーム実況すればいいじゃん!』と思う方もいるかもですが、ぼくはモニターをおすすめします。

モニターをおすすめする理由はこちらです↓

  • 表示遅延が少ない
  • リフレッシュレートが高い
  • 応答速度が高い

これらの理由によってモニターを推奨しています。

といっても、これだけ聞いてわかる人は少ないですよね。

詳しく説明します!

表示遅延が少ない

表示遅延とは『ゲーム機の遅延+画面に映し出されるまでの時間』のことです。

表示速度が速いメリットとしては、FPSのような対人ゲームで有利になれるからです。

もののコンマ秒かもしれませんが、それによって勝敗が決するということも…。

体感ではわからないかもですが、早いに越したことはないので、ぜひ表示遅延が少ないモニターを選びましょう。

リフレッシュレートが高い

リフレッシュレートとは『モニターを1秒間に切り替えられる回数』のことです。

リフレッシュレートが高いメリットとしては、めちゃくちゃ滑らかな映像を映せることですね。

簡単に言ってしまえば、モニター本体の性能のことですね。

一つの目安として【144hz】のモニターを選びましょう。

応答速度が速い

応答速度とは『ゲーム機が処理をしてから画面に映し出されるまでの速度』のことです。

はっきりとわかるかと言われたら体感し辛いものですが、できるだけ早いものを選びましょう。

FPSや格ゲーのようなゲームをするのであれば『1ms』のモニターを選びましょう。

1ms=1000分の1秒です。

おすすめのモニターはこちら↓

キャプチャーボード

据え置き型ゲームの実況を考えている方は必要です。

キャプチャーボードはゲーム機の画面をPC上に移すために必要です。

スマホゲームの実況をしたい場合も使うことがありますが、基本的には据え置き型ゲームの実況で使うと考えてください。

おすすめのキャプチャーボードはこちら↓

マイク

デスクトップパソコンにはマイクがついていません。

ノートパソコンにはマイクはついていますが、とても録音できるレベルではないので、外付けマイクは購入しましょう。

おすすめのマイクはこちら↓

オーディオインターフェース(生放送したい方)

オーディオインターフェースとは、パソコン上のデジタル信号を、アナログ音声信号に変換するためのもので、アナログの音声信号とは、パソコンのヘッドホンジャックでしたり、パソコン内蔵のスピーカーから出される音もアナログの音声信号と言えるでしょう。もちろん逆もあって、楽器などをオーディオインターフェースに接続して、データ化にしてパソコンで使えるようにしたりします。
引用:オーディオインターフェースとは?

生放送をする方にとっては必要なものです。

ゲームの生放送中に

  • ゲーム音
  • 自分の声
  • BGM

の調整をするために必要なものです。

生放送をしようと思っていない方は、取り急ぎ揃える必要はありません。

動画編集ソフト

僕が動画編集をするときに使っている動画編集ソフトは『PremierePro』です。

『Adobe Creative Cloud』というサービスがあり、Adobeの優秀なアプリケーションを月額料金で使い放題にするサービスです。

月額2500円ほど掛かりますが、約20種類のアプリケーションが使い放題になります。

動画編集をするときに使うのは5個くらいですが、単品購入で揃えようとすると10倍以上の値段が掛かるので、月額料金はとてもお得です。

また、学生の方なら月額980円で使うことができるので、使わない手はありません(笑)

是非使ってみてください!

ゲーム実況のやり方解説

ここからはゲーム実況の流れを詳しく解説していきます。

先ほど解説した、ざっくりとした流れを思い出してください。

あの流れをより詳しく説明していきます!

好きなゲームを録画する

ここでは、録画する方法について書いていきますね。

ハードの種類によって録画する方法が異なるので一つ一つ説明していきます。

据え置き型ゲーム

据え置き型ゲームというのは、SwitchやPS4のようなゲームのことを言います。

据え置き型ゲームを録画するためには【キャプチャーボード】が必要になります。

ゲーム画面を録画する方法はとても簡単で、キャプチャーボードと実況したいゲームのハードをキャプチャーボードに繋いで、キャプチャーボードにあるボタンを押すだけです。

キャプチャーボードごとに、対応しているハードが異なるので自分が実況したいと思っているハードに対応しているか、買う前に必ず確認しましょう。

因みに、キャプチャーボードが必要なのは、switchやPS4などの据え置き型ゲームのみです。

おすすめのキャプチャーボードはこちら↓

PCゲーム

PCゲームを実況したい場合は、キャプチャーボードではなくキャプチャーソフトが必要です。

キャプチャーソフトには無料のものもありますが、録画した動画にロゴが入ってしまうので、投稿時には有料版にアップグレードしましょう。

インストールするだけで簡単に録画できるようになるので、悩むことはないと思います!

おすすめのキャプチャーソフトはこちら↓

スマホゲーム

PS4やswitchのゲームを実況するのと、スマホゲームを実況するのにはかなり差があります。

ここで紹介するものは必須ではないですが、安定感が増すのでぜひ持っておきましょう。

また、どちらかといえば、スマホゲームの実況をするほうが簡単なので、『そんなにお金をかけたくない…。』と思っている方はスマホゲームの実況から始めることをおすすめします!

基本的に、ミラーリングソフトを使ってPCに映像を送ります。

iPhoneの画面を無線でPCの画面に映すことができるようになります。

キャプチャーボードを使って録画することも可能です。

ミラーリングソフトで録画するよりも、キャプチャーボードを使ったほうが、安定感があります。

据え置き型ゲームの実況動画を取るのであれば、キャプチャーボードを使って動画撮影したほうがいいですね。

ただし、スマホゲームの実況をキャプチャーボードでする場合は、別途必要なものがあります。

キャプチャーボードと比べたら安いので、購入を考えてみてください。

録画したゲームを編集する

先ほども紹介しましたが、AdobeのPremiere Proで編集をするのがおすすめです。

というのも、YouTuberのほとんどが動画編集で使っているのがPremiere Proだからです。

動画編集と言えばPremiereと言われるくらい有名なので、使い方も検索すればいくらでも出てきます。

その点で、初心者におすすめできます。

もちろん初心者以外の方でもpremiereが一番いいと思います。

編集した動画を投稿する

YouTubeに投稿するのであれば、編集した動画をアップロードするだけです。

アップロード画面に移れば誰でもわかるくらい簡単です!

まとめ

以上がゲーム実況のやり方の説明でした。

いろいろ必要なものが多いですが、初期投資だと思って我慢しましょう。

機材を集めてしまえば、そのあとはすぐにゲーム実況動画を取ることができます。

最初は誰にも見られないかもですが、いつかバズると信じて頑張りましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

記事ドカタ

【経歴:2020/08/01】
・WEBライター1年以上
・ブログ1年半
YouTubeや動画編集も勉強してましたが、ここまできたら文章一本で勝負しようと思いはじめています。

-ゲーム実況
-, ,

Copyright© 記事ドカタの副業チャレンジ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.