WEBライター

WEBライターになるために必要なこと【初心者・未経験OK】

投稿日:2020-03-25 更新日:

『副業でWEBライターを始めたいけど、自分にできるかわからない…。』
『WEBライターになるために必要なスキルってあるの?』

このような疑問をお持ちではありませんか?

副業を始める時に『自分にはスキルがないからできないのではないか』と悩んでしまう方が多くいます。

そのような方向けにWEBライターを始める際に必要なスキルをまとめてきましたので、ぜひ参考にしてください。

WEBライターの仕事の手順

WEBライターになるために必要なことを見る前に、WEBライターの仕事の手順を見ていきましょう。

クラウドソーシングサービスに登録

自分の好きな案件に営業

仕事ゲット

簡単に説明するのであればこのような感じです。

WEBライターの仕事は、クラウドソーシングサービスを利用して案件を取ることから始まります。

クラウドソーシングサービスを利用してクライアントを見つけられれば、仕事をすることができます。

案件を見つけることは、クラウドワークスランサーズのようなサイトを利用すれば簡単にできます。

ただし、クライアント側もできるだけスキルのある人を取りたいと思っているので、最初のうちはいい案件を取ることは難しいです。

WEBライターになるために必要なこと

まず、WEBライターを始める時に資格のようなものは必要ありません。

必要なものと言えば、以下の実力的な部分です。

  • 検索力
  • 翻訳力
  • 翻訳した文章を自分の言葉で書き直す力

これらのスキルが最低限あれば、WEBライターとして副業をすることができるでしょう。

これら3つを詳しく解説していきます。

検索力

WEBライターの案件は、クライアントから指定されたキーワードと文字数で記事を書くことです。

全く知らないキーワードの案件も、時には取ってこなければいけないことになります。

そんな時に、検索する力があれば、簡単に記事を作成することができます。

この記事を読んでいるということは、基本的な検索方法は理解していると思うので大丈夫です!

あとは記事に合った内容の検索ができれば問題ありませんね。

翻訳力

検索して出てきたサイトから情報収集をすることは理解できたと思いますが、その情報をそのままコピペすることは絶対にやってはいけません。

というのも、文章自体にも著作権があるのでそのままコピペしてしまうと著作権侵害になってしまいます。

そうならないためにも、得た情報を自分の中で翻訳できるような力が必要です。

翻訳した文章を自分の言葉で書き直す力

検索して得た情報を翻訳するということまで説明しましたが、その情報を自分の言葉で書き直すことが最終的な目標です。

翻訳ができていれば、あとは文字起こしするだけなので簡単ですね。

未経験からWEBライターになるためにあると便利なことスキル

  • 検索力
  • 翻訳力
  • 書き直す力

この3つのスキルは必要だと言いましたが、ほかにもあると便利なスキルがあります。

それは、

  • SEOの知識
  • WordPressの知識

この2つです。
正直、初心者の方であれば『なにそれ?』という状況かもしれません(笑)

SEOとは、検索エンジン最適化という意味で、自分の記事を検索上位に表示させるための施術のことです。

最初のうちはよくわからないかもしれませんが、最低限やっておくべきことはこちらで紹介しているのでぜひ読んでみてください。

また、WordPressとはWEBサイトを無料で作ることができるサービスです。

基本的にWEBライターはWordPressに入稿することになるので、WordPressの知識を持っておいて損はないです。

WordPressのことを知るためには実際に触ってみることが一番です。

ぼくが一番おすすめしているのはWordPressでブログを立ち上げることです。

ブログの作り方はこちらで紹介しているのでぜひ読んでみてください。

クラウドソーシングサービスに登録しよう

クラウドソーシングサービスに登録しないとそもそもWEBライターとしてすぐに仕事をすることはできません。

おすすめのクラウドソーシングサービスを3つ用意したのでぜひ登録してみてください。

クラウドワークス
ランサーズ 
サグーワークス

WEBライターが月5万円稼ぐ方法

月5万円を稼ぐ最短の方法としては、

  • タイピング速度を上げる
  • 単価の高い案件を受ける

これらを意識してみましょう。

一つずつ説明していきます。

単価の高い案件を受ける

基本的に、WEBライターの副業で得られるお金というのは『一文字単価』となっています。

案件によって一文字1円のものや1文字3円のようなものもあります。

初心者の方は、1文字3円のような案件を受けても競合が強くて仕事をもらえません。

なので最初は1円以下の案件になります。

この単価を上げるためには、実績を積み、できるだけ付加価値を手にすることが必須です。

最初から高単価は難しいですが、続けていくことで単価の高い案件を受けることができるので、とりあえず続けていきましょう。

タイピング速度を上げる

タイピング速度を上げることで、単価が上がるわけではありませんが、タイピング速度が速くなった分案件を多くとることができるので、実質単価が上がるに等しいです。

タイピング速度は、寿司打で訓練するか、毎日のように案件を受けて練習するか、の2択です。

ぼくは両方やっているので、初心者のことと比べるとかなり早くなりました。

また、ブラインドタッチもできるようになるとまた効率が良くなるので頑張って練習してみましょう。

WEBライターとしてスキルアップする方法

スキルがないと低単価の仕事しか受けられないということになりかねません。

できるだけ早くスキルアップしたいと考える方がほとんどだと思うので、スキルアップの方法について紹介していきます。

  • 毎日記事を書く
  • 得意なキーワードを増やす
  • 本を読む

以上の3項目です。

一つずつ説明していきます。

毎日記事を書く

WEBライターをするのであれば、できるだけ毎日記事を書くことをおすすめします。

結局、スキルアップのためには愚直にやり続けるしかありません。

3か月も毎日書いていれば相当レベルアップしていますよ!

3か月は厳しくても、3日、1週間、1か月と段階的に目標を決めていくことで簡単に感じられます。

できるだけ長い期間記事を書いてみましょう。

いろいろなキーワードに挑戦する

いろいろなキーワードに挑戦することによって、受けられる案件の幅が広がります。

また、インプットとアウトプットを繰り返して行うことで、書くことに慣れてきます。

またその中で、書きやすかったと感じるキーワードを深掘りしていくことで、そのキーワードに特化している人になれます。

これもスキルアップを言えるでしょう!

本(記事)を読む

WEBライターはライターなので、文字と密接に関わっていますよね。

書くことに慣れていないうちはいろいろな記事や本を読むことで、書き方を学ぶといいでしょう。

インターネットには数え切れないほどの記事が挙がっているので、タダで勉強ができます。

とにかくいろいろな記事に触れて書き方を学んでいきましょう。

一方で本では、単純に書き方のコツや正しい日本語などを勉強しましょう。

いきなりWEBライターとして案件を受けるのが怖いという方はブログを始めよう

一度も文章を書いていないのにWEBライターとして案件を受けるのは抵抗があるという方もいると思います。

そのような方におすすめなのが、ブログを始めるということです。

基本的には、WEBライターとブログでやることは変わりません。

WordPressでブログを開設すれば、WordPressの使い方を知っているという付加価値を手に入れることもできます。

ブログを始めるメリットはほかにもあって、ブログ自体がポートフォリオとして機能するという点です。

クライアントに経験はありますか?と聞かれたときにブログを見てもらえば実力を分かってもらえます。

ブログの始め方はこちらの記事を参考にしてください!

ぼく自身もブログを始めてからWEBライターになったので、結構おすすめルートです(笑)

まとめ

WEBライターになるために必要なことをもう一度まとめておくと、

  • 検索力
  • 翻訳力
  • 書き直す力

の3つです。

この3つのスキルさえあれば何とかなるのでクラウドソーシングサービスに登録してみましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

記事ドカタ

【経歴:2020/08/01】
・WEBライター1年以上
・ブログ1年半
YouTubeや動画編集も勉強してましたが、ここまできたら文章一本で勝負しようと思いはじめています。

-WEBライター
-,

Copyright© 記事ドカタの副業チャレンジ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.