就活

企業研究のやり方を徹底解説【就職活動を有利に】

投稿日:2019-12-23 更新日:

業界の研究が終わったら次は企業の研究に入ります。

企業研究も、業界研究と同じくらい必要なので怠らないようにしましょう。

とはいってもなぜ企業研究をするのかわからなければやる気も起きません。

なのでまずは、なぜ企業研究をするのかについて書いていきます。

目次
・なぜ企業研究をする?
・企業研究とは何か?何をするべき?
・企業研究で見るべきポイント
・社風をみる

 

なぜ企業研究をする?

企業研究をすることによって、その企業の様々な部分が見えてくるからです。

様々な部分に関しては、企業研究で見るべきポイントで説明しています。

企業の情報を得ることによって、その企業が自分に合っているかを判断するだけでなく、複数の企業と比較できることになります。

 

企業研究とは何か?何をするべき?

文字通り、企業について研究することです。

企業のホームページや、『日経会社情報』『会社四季報』などで情報を集めるといいですね!

あとは、会社の説明会やOB・OG訪問をすることによって情報を得る方法もあります。

興味がある会社には積極的にアプローチしていきましょう。

 

企業研究で見るべきポイント

・経営理念
・事業内容
・給与
・自分のこだわり

 

1つずつ詳しく書いていきます。

経営理念

 

経営理念とは、『事業を展開していく中で基本となる考え方』のことです。

ここが自分の考えと違うのであれば、企業の方向性と合わずに、ミスマッチを起こしてしまう原因になりかねません。

経営理念が合わない会社には無理に就職しようとせず、他の会社を探しましょう。

 

事業内容

 

自分がやりたいと思っている事業があるかを確認するのはもちろんなのですが、その企業の中核を担っている事業を確認することも大事です。

プラスアルファとして、それぞれの事業の売り上げの割合についても把握としておくと面接などで話しやすいかもしれません。

給与

 

就職する一番の理由はここですよね。

どんな企業に就職するにしても給与に関しては必ず読んでおきましょう。

有給休暇の消化率などを見ると、その企業がどのくらい忙しいのかなどもわかってきます。

また、ボーナスや昇給、退職金の基準となるのはすべて基本給なので、特に注意して見てみてください。

・みなし残業代が多く、基本給が低い
・いろいろな手当てがつくけど、基本給は少ない

 

このような会社は、ボーナスなどを渋っていると見て取れるので、知識として覚えておいてください。

自分のこだわり

 

これも結構大事です。

僕自身は、スーツで働くのが死ぬほど嫌なので、私服で働けるような企業を探しています。

他にも部活動など、自分の知りたいことをチェックしておくといいと思います。

社風をみる

 

社風は、会社説明会や、OB・OG訪問、インターンシップに参加しないとわからない部分ですね。

社長の話や、人事の人の話が面白くてこの会社に入社したい!と思う方も少なくないです。

社風なんてどうでもいいという方はいないと思うので、できる限りインターンシップなどに参加するようにしましょう。

 

以上が企業研究をする理由と方法でした。
少しでも参考になれば幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

記事ドカタ

【経歴:2020/08/01】
・WEBライター1年以上
・ブログ1年半
YouTubeや動画編集も勉強してましたが、ここまできたら文章一本で勝負しようと思いはじめています。

-就活
-, , ,

Copyright© 記事ドカタの副業チャレンジ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.