WEBライター

AIが進歩したらWEBライターの仕事は奪われる?【付加価値が必要】

投稿日:2020-04-15 更新日:

誰でも始められるランキング一位(個人的)の副業『WEBライター』ですが、AIに仕事を奪われてしまうのではないかという疑問をお持ちではありませんか?

WEBライターの仕事を副業でなく、本業としてやっている方はさぞかし不安でしょう。

僕もその中の一人なので、多少の不安は抱えて日々生きています(笑)

ただ、今すぐに奪われてしまうわけではないですし、奪われないための方法もあります。

この記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてください!

ライティングをするAIはすでに作られている

いきなり、不安になるかもしれませんが、ライティングをするAIというのはすでに作られています。

Articooloというツールなのですが、もうすでに日本語でも使用することができるようになっています。

ただ、使ってみた方のブログを見てもまだまだ実用レベルではないということがわかります。

これからどのように改良されていくかわかりませんが、今のところは大丈夫そうですね!

日本語対応したAIライティングツール「Articoolo」を早速使ってみた

AIでWEBライターの仕事は奪われてしまうのか?

実際にAIに仕事を奪われることがあるのかと聞かれると、何とも言えないのが現状です。

ただ、先ほども言った通り、現状では公開できるレベルの記事ではないので安心してもOKだと思います。

とは言っても、技術の進歩はものすごいですし、いつ奪われてしまってもおかしくはないともi思ってしまいますね…。

いつか奪われるかもしれませんが、奪われないための方法はあるので安心してください(笑)

AIに仕事を奪われないための方法

というわけで、AIに仕事を奪われないための方法を紹介します!

  • 付加価値を付ける
  • “この人の文章だから読みたい”と思われるようになる
  • 運営する側に回る

これら3つのどれかに当てはまるようになれば、WEBライターとして生活していくことも用意でしょう。

また、ブロガーの方も同じです。

一つずつ紹介します。

付加価値を付ける

WEBライターという仕事だけでなく、プラスアルファで何かをしているとAIには仕事を取られずに済む可能性があります。

というのも、AIに仕事が取られるといっても情報の正確さとスピードのような部分でしかないと思っています。

WEBライターとプログラマーの両刀であれば、どちらが厳しくてどちらが稼げる、のように体験談に基づいて話すことができます。

AIであれば、客観的な話はできても具体的にどの部分がつらいという話はできないはずです。

なので、人間が勝てる点としては、『経験』や『体験』です。

もちろん、AIに感情を入れることができてしまったら終わりかもしれませんが(笑)

そんな日は生きているうちに来るのか、定かではありませせんし、付加価値がつけられればとりあえずOKだと思います!

まぁ、プログラマーとWEBライターの両刀なんてめちゃくちゃ大変なことなので、そもそも無理かもしれませんね(笑)

“この人の文章だから読みたい”と思われるようになる

現実的な解決策としては、これでしょうか。

『“この人の文章だから読みたい”』という気持ちを読者に持ってもらえれば、読まれ続ける文章を書くことができるでしょう。

例えば、好きな作家さんがいたとします。

その方が亡くなってしまったとして、その方を崇拝していた信者の方が似たような文章で小説を書いたら読みたいと思いますか?

興味本位で読むことはあるかもしれませんが、結局飽きてしまうと思います。

好きな作家さんだったからよかったということに気づくのです。

つまり、どれだけ変わりが出てこようと、自分にファンがいれば奪われることはないということですね。

ただし、ブログやWEBライターでファンを付けることは半端じゃなく難しいです。

そもそも、読者というのは『情報』を求めて検索しているわけですから、記事の作成者のことなど気にもかけないでしょう。

そういう点で考えると、WEBライターの次は小説家にでもなればいいんですかね…(笑)

運営する側に回る

これはお金さえ持っていれば簡単かもしれませんが、サイトの運営者側に回るという点です。

記事を書くことはすべてAIに任せて、サイトの運営者になれば特に怖いこともないでしょう。

サイトの運営者になるのが難しいと感じる方も多くいるかもしれませんが、めちゃくちゃ簡単です。

というのも、ブログを1つ作るだけで運営者になれるからです(笑)

もし本当にAIがWEBライターの仕事を奪うことになるのであれば、今のうちにブログを作っておいて、記事を書いておくのも一つの手かもしれませんね!

AIが出てきたらAIにバンバン書かせて、人間側で分析すればいいだけですから(笑)

AIに奪われるのは癪なので、AIをうまく使ってやるぜ!!くらいの気持ちでいたほうが楽ですよ!

まとめ

WEBライターの仕事が奪われるかどうかは今のところはっきりとはしていませんね。

ですが、既にライティングをするAIを作られていますし、精度が上がってくればWEBライターの仕事は亡くなってしまうかもしれません。

そうならないためにも、

  • 付加価値を付ける
  • “この人の文章だから読みたい”と思われるようになる
  • 運営する側に回る

のようなことを実践して、備えておきましょう!

【副業】WEBライターの仕事内容とは?【現役ライターが語る】

副業で大きな人気のある『WEBライター』という仕事はご存知でしょうか? この記事を読んでいる方は、WEBライターについて興味を持っている方が大半だと思います。 しかし、興味があるだけでWEBライターの ...

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

記事ドカタ

【経歴:2020/08/01】
・WEBライター1年以上
・ブログ1年半
YouTubeや動画編集も勉強してましたが、ここまできたら文章一本で勝負しようと思いはじめています。

-WEBライター
-,

Copyright© 記事ドカタの副業チャレンジ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.