WEBライター

WEBライターの長期インターンって何をするの?【学べることを紹介】

投稿日:2020-03-14 更新日:

『大学生になったし、自分の身になることでお金を稼ぎたいな』
『居酒屋アルバイトで得られるものが何もないから、何か得られるバイトないかな…。』

このような考えをできている大学生の方はほとんどいないと思いますが、このマインドができているあなたはすでに勝ち組と言っても過言ではないでしょう(笑)

今回はアルバイトではありませんが、長期インターンについて解説していきます。

長期のインターンではお金をもらいながら企業の仕事をさせてもらえる一石二鳥のイベントです。

はっきり言って、普通のアルバイトをするのがあほらしくなります(笑)

この記事では、長期インターンの中でもWEBライターにフォーカスを当ててお話していきます。

WEBライターのインターンの業務内容

いきなりWEBライターって言われても『なにそれ?』状態になってしまいますよね。

WEBライターとは、『WEBサイトの記事を書くお仕事』です。

このサイトは個人が運営しているサイトですが、このサイトに似たような感じで企業が運営しているサイトがあります。

その企業が運営しているサイトに記事をどんどん書いて公開していくというのがWEBライターの仕事です。

企業が運営しているであろうサイトをいくつか持ってきたので、ぜひ参考にしてください!

就活の未来

就活の教科書

LIFULL

WEBライターのインターンを始める際に必要なスキル

基本的になければいけないというスキルはありませんが、あると採用してもらいやすくなるスキルを紹介しておこうと思います。

  • 文章の構成力
  • タイピング速度
  • 記事の執筆経験

これらがあると便利なスキルです!

文章の構成力

記事を書く仕事なので、構成力が求められます。

ただし、プロ級の文章を書かなければいけないわけではありません。

今読んでいるこの文章くらいの文章を書ければ問題ありません(笑)

ライティングの業務中は(笑)は使いませんが、文章自体は大して変わりません。

たぶん誰でもできると思います。

一度文章を書いて試してみましょう!

タイピング速度

WEBライターはパソコンを使って記事を書くため、タイピング速度はある程度は速いほうがいいです。

タイピングの速度に自信がない方は、寿司打というサイトで練習してみましょう。

ゲーム感覚でタイピングの練習ができるので、ストレスを感じないですよ!

記事の執筆経験

ほとんどの方が未経験でWEBライターをやろうとするため、何らかの記事を書いた経験があると優遇される可能性があります!

と言っても、『記事なんて書いたことないよ…。』と思いますよね。

ぼくは元々ブログをやっていたので、その場で採用をしてもらえました。

WEBライターとブログって採用抜きにしてもシナジー効果があるので、余裕がある方は一度やってみるといいですよ。

WEBライターになりたいのであれば、ポートフォリオとしても使えるので最高です(笑)

ブログの始め方はこちらから↓

WEBライターのインターンをするメリット

WEBライターのインターンで得られることはたくさんあります。

今回は僕がWEBライターのインターンをして得られたもの・メリットだと感じた点についてお話していきます。

いろいろな知識が身に付く

WEBライターの仕事は記事を書くことです。

全く知らない内容のキーワードで記事を書くことが多いので、その分知らないことを知る機会に繋がります。

例えば、【転職 おすすめサイト】【就活 つらい】【インターン おすすめ】などのキーワードで記事を書くこともあります。

正直いきなり書けって言われても書ける気がしないですよね(笑)

ぶっちゃけ、誰でも簡単に書けてしまうのですが、それはWEBライターのインターンに参加したら教えてもらってください!

話が脱線しましたが、先ほど紹介したキーワード例を全く知らないとしたら、雑学として身に付きます。

『その雑学いる??』って聞かれると困りますが、就活の話はとても役に立ったのでいつか役に立つと思って日々記事を書いています(笑)

自分の言葉で伝える能力が付く

一から記事の内容を考えて、文章も自分で書くわけですので文章力や伝える力が身に付きます。

このスキルは日常でもはっきりと実感できますよ!

人に何かを伝える仕事なので当たり前ではあるのですが、伝え方がうまいと話しも面白くなりますし、お得です(笑)

SEOの知識

急によくわからない単語が出てきて戸惑う方もいるかもですが、今は単語だけ知っていればOK!

SEOとは、検索上位表示するために必要な施策のことです。

WEBライターはSEO対策をしつつ記事を量産していくことになります。

SEOの知識はWEB業界に就職するのであれば必ず知っておきたい内容です。

持っておいて損はないですよ!

サイトを運営する方法

インターン先では十中八九WEBサイトを運営しているため、運営の仕方を間近で見ることができます。

そのようにしてサイトで稼ぐ方法を理解し、自分でサイトを運営する側に回ることも可能です。

スケールが大きい話かもしれませんが、個人ブログの延長戦ですので誰でもできることです。

それでも全人類がやらない理由は『やり方がわからない』か『そもそも知らない』からです。

稼ぐ手法を教えてもらえるのであとは自分次第で化けるかもですよ!

WEBライターのインターンで大変なこと

もちろん、会社の業務を体験させてもらうので普通のアルバイトをしているよりも大変なこともあります。

ぼくが大変だったなぁと感じたことを紹介していきます。

興味がない分野の記事でも書き続けなければならない

知らないことを書かなければならないのは、最初は苦痛でした。

全く興味がないことでも書かなければいけないので、めちゃくちゃ時間かけて情報収集していました。

点と点が繋がってくるとだんだん楽しくなってくるんですけどね(笑)

最初だけ結構つらいということを覚えておいてください!

WEBライターのインターンは就活で使える?

WEB業界に行きたいと考えているのであれば、興味を持たれることはあると思います!

また、ずっと居酒屋でアルバイトをしていた方と比べたら、インターンで学んだことの多い方のほうが有利なことは確実ですね。

就活関係なしに、将来役立つ知識が無限に手に入るのでメリットは十分あります(笑)

まとめ

ぼく自身はプログラミングのインターンにも参加した経験があるのですが、圧倒的にWEBライターのほうがおもしろいし楽しいと感じています。

何より事前知識ゼロでも仕事ができるのがいい点ですね(笑)

普通のアルバイトで消耗するくらいなら、WEBライターの長期インターンに参加してみましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

記事ドカタ

【経歴:2020/08/01】
・WEBライター1年以上
・ブログ1年半
YouTubeや動画編集も勉強してましたが、ここまできたら文章一本で勝負しようと思いはじめています。

-WEBライター
-,

Copyright© 記事ドカタの副業チャレンジ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.