WEBライター

大学生のアルバイトにはWEBライターがおすすめ【在宅・副業可】

投稿日:2020-01-27 更新日:

「接客業ってクレームの対応とかめんどくさい…。」
「今やってるバイトは自分の身になっているのかな…。」
「どこでもできるようなバイトがしたいなぁ。」

僕が某薬局で働いているときに感じていたことです。

似たようなことを思っていませんか?

このように感じてくると、バイトに行くのが憂鬱で仕方ないですよね…。

今回は、僕自身がどのようにして負のループから抜け出したかを説明していこうと思います。

WEBライター向きな人についての記事を書いたので、WEBライターやってみたいという方はぜひことらも読んでみてください。↓

WEBライターの副業はドMの方におすすめ!【ライターを徹底解説】

・WEBライターを始めたきっかけ
・WEBライターの仕事内容
・在宅でも可能
・どのくらい稼げる?
・在宅型と通勤型はどっちがおすすめか

この5つについてお話していこうと思います。

WEBライターを始めたきっかけ

理由は、アルバイトに対して何かしらの付加価値を求め始めたからです。

自分自身の市場価値の低さに落ち込んでいたので、何かしらのスキルが欲しかったのです(笑)

なぜ数あるアルバイトの中から、WEBライターを選んだかというと『未経験でも簡単に始められる』からでした。

プログラミングや動画編集といった、自分自身のスキルアップが見込めるアルバイトはこの世にいくらでもありますが、すぐに始められるほど簡単なものではないですよね。

僕自身なに一つとしてスキルを持っているわけではなかったので、『WEBライターならできるかも』と思い即日アルバイトに申し込みました。

僕と同じように、目立ったスキルがない人にはとてもおすすめなアルバイトだと思います!

WEBライターの仕事内容

想像通りかもしれませんが、【せどりに関するノウハウ記事】や【転職 おすすめ サイト】【おすすめ映画 洋画】などと言ったキーワードを指定されてその通りに書くだけの仕事です。

これに加えて、【文字数は3000文字以上でお願いします】と文字数の指定もされます。

「難しそう…。」と思った方もいるかもしれませんが、自分の力だけで書く必要はありません。

指定されたキーワードで検索してみてください。

書こうとしているキーワードと似ているサイトがたくさん出てきますよね。

大体上位20サイト分くらいを確認して、いいとこ取りをして書いていけば、それで大丈夫です。

インターネットにはお手本がたくさんありますから、参考程度に使うのは当たり前のことなので安心してください。

WEBライターのバイトなら在宅も可能

最近はクラウドワークスやランサーズのようなフリーランス向けアプリがたくさんありますね。

そのようなサイトを利用することによって、WEBライターを在宅で行うことができます。

大学生の自分にとっては、最高の職業だと思いました(笑)

つまらない講義中にWEBライターの仕事をしてお金を稼いだり、カフェでゆったりと仕事ができるからですね。

「絶対に在宅でやりたい!!」という方はこちらのサイトで、案件内容を確認してみてください。

フリーランスの求人サポートサービス「クラウドテック」

「できそうだな!」と思ったらすぐに応募してみましょう!

WEBライターの仕事はどのくらい稼げる?

普通のアルバイトとして働いていれば、時給1100円くらいが相場だと思います。

フリーランスのように在宅ワークをする場合は、1記事当たり3000円くらいが相場かと思います。

もちろん文字数にもよって変わるので、実際に確認してみるといいです。

1文字=1円など、1文字単価のことが多いです。

3000文字くらい書けば3000円になるってわけです。

3000文字を3時間以内にかける自信があれば、在宅ワークでもいいと思います。

ただ最初から3000字を3時間で書くのは難しいと思います…。

最初はインターンシップやアルバイトで、基礎知識を学びましょう。

WEBライターの仕事は、在宅型と通勤型はどっちがおすすめか

僕自身は、在宅でのWEBライターと普通に通勤してWEBライターの仕事をするといった2つの種類を経験しています。

そんな僕がどっちのほうがおすすめなのかを書いていこうと思います。

結論から言ってしまえば『通勤のほうがおすすめ』です。

まぁ理由は簡単で、『お金を貰いながら技術を学べるから』です。

未経験でも雇ってもらえる+技術を教えてもらえるなんて最高過ぎますよね(笑)

まずは、アルバイトとして雇われることをおすすめします。

アルバイトに慣れて、自信がついてきたらフリーランスのように仕事を請け負うのがいいと思います。

クラウドワークスやランサーズの案件を見ていると、大体【実績を提示してください】と書かれているので、その実績を作るためにもまずはアルバイトとして働きましょう。

もちろん、大学生という特権があるのであればインターンシップを使うのも大アリです。

とにかくWEBライターの仕事を勉強できるところに身を置きましょう。

WEBライターのアルバイトまとめ

WEBライターの仕事は、大学生であればだれでもできるといっても過言ではないです。

そのくせ将来の副業としても使える職種なので、一度経験しておいて損はありません。

ぜひWEBライターの仕事に挑戦してみてくださいね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

記事ドカタ

【経歴:2020/08/01】
・WEBライター1年以上
・ブログ1年半
YouTubeや動画編集も勉強してましたが、ここまできたら文章一本で勝負しようと思いはじめています。

-WEBライター
-, , , ,

Copyright© 記事ドカタの副業チャレンジ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.