WEBライターの基礎知識

WEBライターが最初に考えるべき記事の構成とは?【具体的に解説】

投稿日:2020-07-21 更新日:

『WEBライターの副業に興味があるのですが、そもそも記事なんて書いたことないので、どうしていいのかわかりません…。』
『WEBライターの副業を始めてみたのですが、記事を書くスピードが遅すぎて時給1000円が程遠いです。』

このように考えている方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?

ぼく自身もWEBライターの副業を始めたときには、記事を書くスピードが遅すぎて『センスなさすぎ…?』と思っていました。

WEBライターを始めて半年くらい経ちますが、1時間で3000文字くらい書けるようになったので、その方法について解説します。

タイピング速度も大事ですが、記事の構成の作り方が一番重要ですので、構成をメインに紹介します!

WEBライターの副業に興味がある方はぜひ参考にしてくださいね!

WEBライターが必ず使うべき記事の構成の作り方

まずは、文章を書く以前のことについて解説していきます。

というのも、WEBライターの記事作りは、構成7割、本文3割くらいの比率なので、文章は簡単なのです。

例えば、ピアノの練習をすることになったとしましょう。

ピアノの練習をするために、何をしていいかわからないのにいきなりピアノを弾いてみても、途中で訳が分からなくなってしまうでしょう。

まずは、ピアノを練習するための道筋を決めなければいけません。

道筋さえ決まってしまえば、あとは練習するのみです。

記事も同じで、いきなり本文を書いても途中で何を書きたいのかわからなくなってしまいます。

なので、記事の道筋=構成を決めなければなりません。

構成を細部まで決めておくことで、文章はすらすら書けるようになります!

では、構成を作る手順を具体的に確認していきましょう。

構成を作る手順は以下の通りです。

  • 記事のキーワードを決める
  • 必要な要素を考える
  • タイトルを付ける
  • 見出しを書きだす

このような流れで記事を書いていくことになります。

これだけではわかりにくいと思うので、一つずつ解説しますね。

記事のキーワードを決める

最初にやることとしては、記事のキーワードを決めることですね。

この記事を例に出すのであれば、【WEBライター 構成】というキーワードです。

WEBライターの副業をするのであれば、クライアント側からキーワードの指定があるので、自分で考える必要はほとんどありませんね!

必要な要素を考える

キーワードが決まったら、そのキーワードで調べる人がどのようなことを知りたいのか考えてみましょう。

またこの記事を例に出しますが、【WEBライター 構成】と調べる人は、『WEBライターを始めてみたけど、構成の作り方がわからない』、『記事は書けるけどもっといいやり方を知りたい』このように考えている方だと想像できます。

だとしたら、まずは構成の作り方は書かなければいけませんよね。

このように、決められているキーワードで検索している人の気持ちになると分かりやすいです。

また、決められているキーワードで検索をしてみると、既に上位に記事がたくさんあると思います。

その記事を上から順番に確認していって、内容を大まかに調べます。

そうすれば、そのキーワードで書くべきことがなんとなくわかってくるのでおすすめです。

WEBライターであれば誰しもがやっていることだとは思いますけどね(笑)

やったことがないという方は、今すぐにやってみましょう!

タイトルを付ける

決められているキーワードで調べてくる人の気持ちや上位記事の確認が済んだら、タイトルの作成をしてしまいましょう。

もしかしたら、タイトルから決める方は少ないかもしれませんが、タイトルが決まっているとその記事の道筋がかなり決まるので、構成が考えやすくなります。

なので、タイトルから決めることをおすすめしています。

タイトルの決め方としては、決められているキーワードを必ず入れるようにすれば問題ありません。

あとはセンスですね(笑)

ただ、最初からセンスを求められるのはきついと思いますので、上位記事のタイトルの良いところを盗んできても大丈夫です。

ただ、丸パクリでは意味がないので、自分の要素も入れましょう!

見出しを書きだす

タイトルが決まれば、見出しを書きだすことになります。

この記事では以下のような見出しを書きだしました。

<h2>WEBライターが必ず使うべき記事の構成の作り方</h2>
<h3>必要な要素を考える</h3>
<h3>タイトルを付ける</h3>
<h3>見出しを書きだす</h3>
<h2>本文を書く</h2>
<h3>5W1H</h3>
<h3>PREP法</h3>
<h2>ライティングに必要な技術</h2>
<h3>SEO</h3>
<h3>文章力</h3>
<h3>キャッチコピー</h3>
<h2>まとめ</h2>

僕はブログの記事を書くときでも、WEBライターの記事を書くときでもこのようにしています。

結構書きやすくなるので、おすすめです。

慣れてきたら自己流に変えていけばいいので、最初はこのやり方を真似してみましょう!

本文を書く

ここまで決まればあとは本文を書いていくだけです!

見出しが決まっていれば、書くべきことがしっかりとわかるので、問題ありませんね。

あとは、上位記事を参考にしつつ、自己流の記事を作成すればOKです。

本文の書き方の具体的な方法としては以下の通りです。

  • 5W1H
  • PREP法

最近では一切気にせず文章を書けるようになってきましたが、最初のころはこれらを気にしながら書いていました。

これだけではわかりにくいと思うので、一つずつ解説しますね。

5W1H

5W1Hといえば、中学校くらいの英語で習ったと思いますが、

  • いつ
  • どこで
  • だれが
  • なにを
  • なぜ
  • どのように

のことですね。

この形式に当てはめて文章を書けば、読者も文章を理解しやすいので、おすすめです。

読者だけでなく、書いているこちら側も書きやすくなるのでぜひ試してみてください。

PREP法

PREP法は聞きなじみがないかもしれませんが、

  • Point結論
  • Reason理由
  • Example例
  • Point結論

の頭文字を取ったものです。

この順番通りに書くことによって、とても書きやすくなります。

まず結論から書くことによって、読者も書き手も記事で伝えたいことがはっきりしますよね。

その後に理由や例を具体的に出すことで、説得力を出して、とどめの結論です。

これは、ライターだけが用いているわけではなく、会議や論文などでも用いられている手法なので、とてもおすすめできます。

文章をあまり書いたことがないという方は、意識してみてください!

ライティングに必要な技術

最後に、WEBライターに必要な技術について解説します。

WEBライターの副業でお金を稼ぐためには以下のようなスキルが必要になります。

  • SEO
  • 文章力
  • キャッチコピー

これらについての説明をします。

もちろん、これらについて理解している方もいると思うので、そのような方はこれ以降読む必要はありません!

WEBライターにおすすめの本3選!【これだけ読めばOK】

『WEBライターを始めたいのですが、どんなことを勉強すればいいのかわかりません。』 WEBライターの副業をしたいと考えても、一切文章を書いたことがないような方だと『難しいのかな?』と思ってしまいますよ ...

SEO

SEOとは、検索エンジン最適化のことを指しています。

簡単に言ってしまえば、検索したときに1ページ目(なるべく上位)に記事を載せるための手法です。

検索順位はGoogleのアルゴリズムが決めているので、答えはないのですが、やっておくべきことというのは決まっています。

例えば、記事タイトルや見時の見出しにはキーワードを入れる、とかですね。

ライターでもできることはたくさんあるので、勉強してみましょう。

SEOに対する知識があるのとないのでは、文字単価も変わってくる可能性があるので、覚える価値は十分にありますよ!

文章力

WEBライターは文章を書く仕事なので、文章力は必須ですね(笑)

ただ、新聞のようなカチカチな文章を書けばいいわけではないので、人によっては難しいかもしれません。

おすすめの勉強方法としては、すきなブロガーの文章を研究することです。

誰でもいいですが、参考にできそうな人を探して、記事を読み漁ってみましょう!

キャッチコピー

最後はキャッチコピーです。

キャッチコピーはタイトルや見出しで使います。

タイトルがとてもつまらなそうだと、検索上位に表示できたとしてもクリックされることはありません。

なので、できるだけ勉強になりそうなタイトルを付けなければなりません!

この記事では、WEBライターが最初に考えるべき記事の構成とは?【具体的に解説】というタイトルを付けています。

数字や【】を使うことで、興味を引くことができるので、使ってみましょう!

まとめ

記事を書くときの構成の作り方については理解していただけたでしょうか。

もう一度手順をまとめておきますね。

  • 記事のキーワードを決める
  • 必要な要素を考える
  • タイトルを付ける
  • 見出しを書きだす

このような流れで文章を書きましょう!

最初はなれないかもしれませんが、半年ほど継続すれば、1時間で3000文字くらい書けるようになるので、頑張りましょう(笑)

WEBライターが良い記事を書くためのコツ5選!【ブロガーにも有用】

『WEBライターの副業に興味があるのですが、文章の書き方がよくわかりません。』 『文章を書くときに躓いてしまうことがあるので、すらすら書けるコツを教えてください。』 WEBライター初心者の方や始めよう ...

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

記事ドカタ

【経歴:2020/08/01】
・WEBライター1年以上
・ブログ1年半
YouTubeや動画編集も勉強してましたが、ここまできたら文章一本で勝負しようと思いはじめています。

-WEBライターの基礎知識
-,

Copyright© 記事ドカタの副業チャレンジ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.