WEBライターの基礎知識

WEBライターに将来性はある?現役ライターが将来性を高める方法を紹介

投稿日:

『WEBライターとして副業を始めて、うまくいったらフリーランスライターになろうと思っているのですが、WEBライターに将来性はあるのでしょうか?』

副業でWEBライターを考えている方は、このように考える方もいますよね。

ただ、WEBライターという職業自体がどれだけ続いていくのかわからないと、副業としても選びにくいと思います。

せっかくWEBライターを始めたのに、3年で稼げなくなってしまっては最悪ですもんね。

今回の記事では、WEBライターに将来性があるのかどうかについて解説した後に、WEBライターとして生き残る方法についても解説します。

ぼく自身は、副業として始めたWEBライター活動から、企業のライターへとなっているので、そこそこ参考になる話ができると思います。

副業やフリーランスになるにあたって、将来性が気になるという方はぜひ参考にしてください。

WEBライターに将来性はあるのか?

では、さっそく、WEBライターに将来性があるのかどうかについて解説します。

結論から言ってしまえば、将来性は大アリです。

基本的に、WEBライターという仕事はなくならないと思っています。

ただ、最近ではオワコンと言われているのも事実ですよね。

聞いたことある方も多いのではないでしょうか?(笑)

その理由を簡単に解説しますね。

WEBライターがオワコンと言われる理由

オワコンと言われる理由は以下にあります。

  • アフィリエイトサイトの上位表示が難しくなっているから
  • 動画や音声メディアが盛り上がっているから
  • AIが文章を書くようになると思われているから

このような理由があると言えます。

ただ、もちろんこれらの一部は正しいです。

副業界隈でも、ブログよりYouTubeの方が稼げるとされていますし、これからは音声メディアが主流になると言われています。

SEOも、企業のサイトがどんどん強くなっていて、アフィリエイトサイトやブログサイトは難しくなっています。

これらの理由によって、WEBライターがオワコンと言われています。

しかし、文章というコンテンツがなくなる未来は見えますか?

文字が一切ない世界は考えられませんよね。

文字というのはめちゃくちゃ歴史があるので、とりあえず生きている間はなくなりませんよ(笑)

なので、オワコンと言われていることを気にしすぎる必要はないです。

WEBライターに将来性があると言える根拠

続いて、WEBライターに将来性があると言える根拠をお話していきます。

WEBライターに将来性があると考える理由は以下の3点です。

  • Googleがなくなることはほぼありえない
  • 文字がなくなることは考えられない
  • AIでは文章を書けない

ではそれぞれ解説します。

Googleがなくなることはほぼありえない

今の検索エンジンの大半はGoogleのアルゴリズムを利用しています。

仮に、Googleが倒産してしまったとしたら、SEO対策そのものの意味がなくなってしまうので、WEBライターという仕事がなくなってしまうかもしれません。

しかし、Googleという企業が潰れる未来は見えませんよね。

Googleがなくなるとなれば、検索エンジン事なくなってしまうので、WEBマーケティング会社が軒並み消えてしまうでしょうね(笑)

とりあえず、Googleがなくならない限り、WEBライターという仕事も生き続けると思っています。

文字がなくなることは考えられない

2つ目としては、文字がなくなるということはあり得ないからです。

いくら音声メディアが勢いに乗っていたとしても、文字には文字の良さがありますよね。

文字じゃなきゃいけないというものもあるため、すべて音声メディアに変わっていくことはないと言えます。

WEBライターは、文字を書く仕事なので、最悪WEB以外のライティングに行けば仕事はなくならないといっても過言ではありませんね。

新聞のようなアナログモノだと少し厳しい未来が見えますが、ネットであれば基本なくならないでしょう。

もちろん、いまのインターネットより優れたものが出てきたら話は変わると思いますが、まだまだ先の話でしょう!

AIでは文章を書けない

AIが全ての文章を書いてしまうのではないかと思っている方もいるかもしれませんが、それは無理ですね。

ただ、実は2020年時点でもライティングをするAIはいるのですが、実用性は一切ありません。

今のところは、AIがWEBライターの仕事を盗んでいく未来は見えませんね。

また、Googleは質の高い記事を検索上位に表示させるため、AIの書いた記事が上位表示できるとは思えません。

なぜなら、AIしか記事を書かなくなったら、全て同じになってしまうから。

徐々に変化するでしょうが、AIが出てきたとしても数年は生きていける気がします(笑)

あとは、AIには入稿の作業はできないので、その部分をする人間は最低限必要な気がします。

WEBライターを副業で始めた場合には、記事を書くだけかもしれませんが、WordPressでの入稿作業くらいはできるようになっておくべきかもですね。

WEBライターとして将来性を高める5つの方法

では、WEBライターとしての将来性を高める方法について解説します。

以下の方法がWEBライターとしての将来性を高めると言えます。

  1. これから伸びてくるジャンルを見極める
  2. WEBマーケティングについても勉強しておく
  3. 自分にしか書けない文章を書く
  4. SEOを目的とした文章以外にも慣れておく
  5. ブログを始める

では、それぞれ紹介します。

これから伸びてくるジャンルを見極める

WEBライターとして生きていきたいのであれば、これから伸びると考えられるジャンルや収益性の高いジャンルを見極めておく必要があります。

というのも、これから伸びてくると考えられるジャンルに精通していれば、ライターとしての需要が高まるからです。

収益性が高いジャンルや伸びてくると考えられるジャンルの例を挙げておきます。

  • 介護系
  • 美容系
  • 投資系
  • 金融系
  • 転職系

これらの内容であれば、

WEBマーケティングについても勉強しておく

WEBライターは、SEOを利用して集客をしているので、マーケティングに繋がってきます。

WEBライターとしての単価を上げたいのであれば、WEBマーケティングについても知っておくことをおすすめします。

WEBライターの副業をするために、そこまでしなければいけないの?と思うかもしれませんが、ぶっちゃけやらなくてもOKです。

というのか、WEBマーケティングを勉強していない人の方が多いと思います。

だからこそ、勉強したほうがいいんですね。

というのも、WEBマーケティングを知っているWEBライターの方が市場価値が高いからです。

副業で少しでも多く稼ぎたいのであれば、WEBマーケティングまで勉強しておきましょう。

自分にしか書けない文章を書く

WEBライターがやっている、SEO文章ははっきり言って誰でもできます。

SEOの知識を取り入れて、実際に文章を書いてみればわかるのですが、そこまで専門的な知識は必要ありません。

プログラミングのようにめちゃくちゃ勉強しなければならないわけではないので、コスパは良いと思います。

しかし、簡単に始められるということは、ライバルが多くなり稼げないというデメリットもあります。

そこでお勧めしたいのが、自分にしか書けない文章を書くということです。

どういうことかと言いますと、何かに特化していて欲しいということです。

例えば、介護の記事を書くのであれば、介護士として働いたことがあるとかですね。

介護士として働いたことがない人には書けないことが、書けますよね。

このように、経験をしている人が勝てると言っても過言ではありません。

転職をしていない人よりしている人のほうが良いです。

というわけで、今までに経験したことがある分野の文章は自分にしか書けないことが多いです。

そういった点を押し出していきましょう。

SEOを目的とした文章以外にも慣れておく

先ほども言いましたが、SEO対策された文章を書くことがWEBライターの主な仕事なのですが、Googleがなくなってしまえば一切意味のないことになってしまいます。

そうならないためにも、SEOを目的とした文章以外の文章も書けるようになっておきましょう。

例えば、雑誌や本のような文章ですね。

SEOとは全く関係ない文章ですが、ライターとしてやることは変わらず、文章を書くことです。

いろいろなライティング形式に慣れておくと、万が一SEOが死んでしまったとしても生きていけるでしょう。

ブログを始める

最後ですが、WEBライターとして働きながらブログを書くことをおすすめします。

WEBライターについての発信もできますし、うまくいけば不労所得としてお金を得ることもできます。

副業収入があれば、精神安定剤になります(笑)

とりあえず仕事がなくなっても、生きていける…って感じですね。

もちろん、文章の練習にもなるのでお勧めです!!

ただ、文字がオワコンになると思うのであれば、YouTubeで良いと思います。

最近はYouTubeの方が主流かもしれませんね。

特に、顔出しの必要がないゲーム実況がおすすめです(笑)

ゲーム実況をするために必要な機材は以下の記事で紹介しているので、興味がある方はのぞいてみてください。

【2020年最新版】ゲーム実況に必要な7つの機材を徹底解説

副業の情報収集をしている方は『Youtubeが儲かるらしい』と言うことは知っていると思います。 『顔出しをする勇気はないけど波に乗りたい…。』と思ったときにゲーム実況を思い浮かべた人は少なからずいると ...

WEBライターに将来性はある!ただし勉強は怠らないようにしよう

  • WEBライターに将来性はあります。
  • ただし、勉強は続けておいたほうがいいですよ!

というのがこの記事の結論です。

まぁ、今の段階でWEBライターの将来性とか考えても仕方ない部分もあるので、気楽に今を生きればいいと思いますよ…!

WEBライターがなくなっても何とかなると思います!!!!(なげやり)

それでも不安が勝つという方は、いろいろな副業をしておくことをおすすめします。

ブログでもYouTubeでも、とりあえず挑戦して、ダメならやめればいいだけですから。

初期費用は掛かりますが、宝くじを買うよりはいい経験ができると思いますよ!

ブログはmixhostで立ち上げれば5分で終了【超絶おすすめの方法】

『ブログをどのようにして始めればいいのかわかりません。』 『ブログを開設しようと思ったのですが、手順がわかりにくくて開設することができませんでした。何かいい方法はありませんか?』 従来の方法でブログを ...

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

記事ドカタ

【経歴:2020/08/01】
・WEBライター1年以上
・ブログ1年半
YouTubeや動画編集も勉強してましたが、ここまできたら文章一本で勝負しようと思いはじめています。

-WEBライターの基礎知識
-,

Copyright© 記事ドカタの副業チャレンジ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.